デリヘルで働く女の子も思わず『こんなものまで?』と目を疑うような、ギネスの記録に載っている物を集めてみました

デリヘル嬢も驚くびっくりギネス記録を持つもの

ギネス世界記録

デリヘル嬢の疑問、世界記録ってなに?

投稿日:2015年3月12日 更新日:

ふと疑問に思ったこと

デリヘルでも『ギネス級』なんて女の子の紹介ではよく使うかと思いますが、そもそもそれってなんなのでしょうか?と、ふと疑問に思ってしまったわけです。
しかもあろう事か、お気に入りのデリヘルで新人ちゃんを呼んだ時にふと浮かんでしまったんですよね。思った事は口に出さずにはいられないタチなんで思わず女の子に聞いてしまったんです。するとなんという事でしょうか、彼女雑学マニアだったみたいで知っていたんですよ!(笑

デリヘル嬢の疑問、世界記録ってなに?
この長い歴史の幕開けは、パーティー、パブ、学校、職場などで、幾度となく繰り返されてきた、ある1つの疑問から『ギネス世界記録』がはじまったそうです。

その新人のデリヘル嬢から聞いたあと、自分なりにも詳しく調べてみました。
1951年、アイルランドのウェックスフォード州で狩猟を楽しんでいたギネス醸造所の最高経営責任者のヒュー・ビーヴァー卿の「ヨーロッパで最も速く飛ぶ狩猟鳥はどれか?」という質問から、激しい議論がはじまりました。しかし、蔵書や資料をくまなくしらべましたが、答えは見つかることがありませんでした。そこで、世界中にこうした疑問の答えが見つからないのではないかということに気づいたビーヴァー卿、世界一のデータを集めた決定版の書籍があれば、一般の人々にとって役に立つのではないかと考えたのです。思い立ったら行動せずにはいられない。ロンドンで実地調査業を営んでいたマクワーター兄弟の協力を得て、編集作業に取りかかります。そして1955年8月27日、記念すべき「ギネスブック」の第一版が完成したのです。そして、その年イギリスではベストセラーとなりました。

以来、ギネスブックは飛ぶように売れ続けました。これは、世界における人間の位置づけを理解する手段の1つとして、または個人と、その周りの人たちがどのような関係にあるかを理解するためのものさしになるということ。世界の「最も」最大、最小、最速、最高、最低を知るということは複雑化し続ける世界を理解し、消化する方法にもつながると言えるのです。
また、今日でも大小さまざまな規模でのイベントや趣向を凝らしたイベントで世界記録を更新し続けることができるのです。
日本にも記録管理部が正式に設立されたことにより、より身近にチャレンジもできるようになったと言えます。

優良店が密集しているデリヘルでは容姿だけでなく、さまざまな知識を持っている子が多いという事にも驚きを隠せなかったですね。
デリヘルの知的でセクシーな女子を探すとプレイも話も弾む事でしょう。

-ギネス世界記録

Copyright© デリヘル嬢も驚くびっくりギネス記録を持つもの , 2017 AllRights Reserved.